外向きのブログ

最近読んだ本たち(20-07-05)

軽くですが、久しぶりに読書メモ。

 

志水宏吉『学力を育てる』

浪人時代から読もう読もうと思って読めてなかった本。

古い本ではあるが、その分野に馴染みのない人にとっては真新しく今も色あせていない本だと感じた。

 

志水宏吉『つながり格差が学力格差を生む』

 

 

気になって同じ著者の近著を購入。

言っていることの根幹は上の本と被る部分も多いが、そもそも学力とは何か?からはじまり、それにともない生じる教育格差の問題を論じている。

ざっくり「教育格差」といっても内実は地方のほうが「つながり」という面では恵まれていたり、大阪の一部の地域で異様に全国学力テストの数値が偏っていたり、驚くことが何個かあった。

 

ただ大阪の高校の先生に聞いたところによると、全国学力テストは偏差値の高い私学の生徒が受けていないので、大阪の数値が異様になっているとのことだったけど、どうなんだろう。

 

内田樹下流志向』

 

これも古い本だが、教育関連の本で勧められて読んでみた。

今でいえば若干差別的な表現があるのが気になった。賛否両論ありそうな本。

 

『シン・ニホン』

 

教育行政への提言がまとまった本、と読んだ。私たちのレイヤーでできることは限られているけど、行政へ提言する立場の筆者から見た、いま世の中は何が起きているのかとか国策の全体像を掴みたいなら、とくに教育関係者にとっては必読の本だと感じた。


最後の風の谷のくだりだけ浮いているように感じたけど、都市設計など自分の知見不足かも?

 

瀬戸内寂聴『夏の終わり』

 

最初は感傷的な女性の心情描写が続いてグダっているように感じたけど、中盤から勢いが出てきて、4連作のほうは良い読後感だった。

女性の心理をリアルに描いていて、かつ文章表現が上手い。

 

 

また7月中に5冊読んで書きます。

未経験から5か月間、ベンチャーでエンジニアインターンをしました。

2019年10月~2020年3月までの約5か月間(週4回)、知り合いの紹介で、SBWorksという会社でインターンをしました。

 

www.sbworks.jp

 

 

今までのプログラミング経験

  • C言語少し
  • R少し
  • Progateなどでひと通りのコースをやる

 

独学でプログラミングを学ぼうとはしていましたが、何か作ったり教えてくれる人がいないと如何せん限界があり、壁にぶち当たっていました。かといって、インターンは経験者や何か作ったことがある人じゃないと厳しい・・・

学べる環境をさがしていたとき出会ったのがSBWorksでした。

 

SBWorksでやったこと

10月~12月初め

とあるWEBアプリケーションのチームに入り、最初はRubyの基礎やRailsの考え方を座学を含めて勉強しました。

一方CSS, htmlを使った簡単な実案件も振り当てられ、そのときに開発の進め方(基本的なgit操作、ソースレビューからデプロイ、マージ依頼、リリースまで)をひと通り経験することができ、じっさいに自分が書いたコードが本番環境に反映されているときは感動しました。

 

12月中旬~1月

今度は割と(私の実力にしては)大きな案件を1か月半かけてやってみようということになり、この時期は正直結構ハードでした。

 

今まで未知の概念だったデータベース、SQL文、Slim、Active Record・・・

 

案件ひとつとってもたくさん理解しなければいけないことがあり、実案件の期限を守るために追い込んで勉強することは決してひとりでは経験できませんでした。周りの情報系院生の子に聞いても「わからない」と返されることもあったので、実務のコーディングは学校でやることとは違うんだなと感じました。

 

そんなところにプログラミングの初歩の知識すらところどころ抜けている私が挑んだので、短期間でかなり鍛えられました。

 

また、わからない部分の質問など、チーム間のコミュニケーションの取り方も周りの先輩を見ていて「今まで自分は感覚的に物事を処理しすぎていて、相手にそのまま伝えていたのかもしれない」と気づかされる場面もあり、エンジニアとして(あるいは社会人が)必要なスキルも学ばせてもらったと思います。

 

2月~3月

グッズ販売をしている某ECサイトのチームに入りました。

ここで言語や開発環境が変わって、JavaEclipseなどをまた1から学びました。ただ、かなり忙しいチームだったので実案件を私がやるにはまだ力不足だし、既存のコードをローカルで改造したりJava競技プログラミングの問題を解いたりしていました。

 

C言語をやっていたのでJavaも似たようなものかなと思っていたけど、意外とCには出てこない概念が出てきたので困惑しました。(正直今もあんまりわかっていません・・・)

最後の週は卒業式で大阪に行っていたりコロナウイルスの影響で休みになったりと、全体的にバタバタしていました。

 

まとめ

よかった点と悪かった点としては人の出入りが激しく、スピード感があることです。ITベンチャーならどこも似たようなところがあると思いますが、人によって合うかあわないかは分かれるんじゃないかなという気がします。あと往々にして即戦力が求められるので、常に勉強する姿勢が大事です。

 

個人的に、会社や社員さんの雰囲気はかなり好きでした。(18時以降はハッピーアワーでビールが飲めます)

東京のベンチャーなのに阪大の先輩が3人もいたのは面白かったです。社長いわく「うちは阪大と縁がある」らしい笑

 

他のエンジニアインターンがどんな内容かあまり知見はないのですが、「大きなものの一部分をやる」「社内アプリケーションを自分で作ったり改造する」のではなく、じっさいのアプリケーションの全容を見れて、自分が実装したコードがそのままお客さんが使う製品になるというのは社会に役立っているやりがいもあり、ふつうは私レベルのプログラミング力じゃ経験できないことだったんじゃないかなと思います。

 

最後のほうはバタバタしましたが、インターンは私が初めてだったにもかかわらず、未経験で文系出身の自分を5か月間受け入れてくれて、つねに良いやり方を模索してくれた社員さん、パートナーさんたち、そして紹介してくれたYさんに感謝です。

アプリ開発で悩んでいる話

「使い勝手の良いブログアプリがない」という自分なりの(それとユーザーインタビューでの)課題設定をもとに、最初は昔あったミニブログ、ブログサイトのようなものをアプリ化しようと考えていました。

 


が、開発するにあたり、以下の課題に突き当たることになる。

 

まず、そもそもブログサイトがあまりアプリ化されていないのは、需要やコストに対する利益が出ないことが理由に挙げられるらしい。

 

昔ながらのHTMLやwiki文法を用いた装飾は、アプリで再現するのが難しく、webuviewに頼ることになる。noteのように内部でAPIから文章を引っ張ってきて文書の装飾はほぼなしであれば簡単にアプリ化できるみたいだけれども。

 

webviewに頼るアプリはAppleからリジェクトされやすい傾向にあり、その割にはアプリに載せられる広告の枠数はウェブに比べると制限が多く、開発に対する利益が十分に得られない。

 

そしてAppleの最近の傾向として、広告モデルよりアプリ内課金モデルを推奨している。広告を載せるとデザインも悪くなるし、ただアプリ作るなら課題→解決策→収益の流れの目処つけておきたいなと。

 

そんななかで、コード自体は書けそうなのですが、

①課題とは

②それに沿うアプリの解は何か

という点に再び立ち返ってしまい、開発が止まっています。。

 

うーん、でも1月中には「とりあえずリリース」を目標に持っていこうかな😣

退学アドベントカレンダー

この記事は退学 Advent Calendar 2019の一部として書かれたものです。 休学枠で厚かましいながら書かせていただきます。

 

この前Twitterで話題になっていた初カキコ氏の文体に地味ハマりしたので、混ぜながらお届けします。


初カキコです、こんにちは。私みたいなニート家系ラーメン(適当につけたサブ垢のハンネ)、他にいますか?っていないか、はは
 
 


学部生活

言語学をやりたい」という理由で外国語学部、一人暮らしをしたくて自分に所縁のある地ということで阪大を選びました。

 

しかし、大学受験のときも、阪大に入った後も、ずっと体調不良に苦しめられていて、その結果、休学を2回繰り返したりしました。勉強も長時間できないし、当時は原因不明だったので、なんで他の人ができていることができないんだろう、自己管理ができていないのは自分のせいだと自分を責めていたし、自己肯定感も低かったです。

 

 

 

入学後は、専攻のクラスは15人くらいしかいなかったので、女子校みたいな雰囲気でびっくりしました。でも、授業によっては日本人が私しかいないとか、休学留学が普通で5年で卒業しないのがマジョリティとか、自由な環境がわりと好きでした。

 

箕面キャンパスの周りは何もないのはつまらなかったけど、それでもキャンパスの近くに下宿して、休日はいつも学校に行ってほとんど誰もいない図書館や勉強スペースで勉強したりしていました。

 

そして、就活してそのまま卒業していくものだと思っていました。

 


当時の周りの会話就職はやっぱり銀行商社公務員? 安定が大事よね とかま、それが普通ですわな

 

 

休学に至るまで

しかし、就活がはじまって東京の大学の人たちを見るにつれ、段々このままでいることに疑問を感じてくるようになりました。

 

たとえば、知り合いの東大の子は当時「YouTuberになる」といって自分で会社も作り、就活はしないようでした。(今は登録者数万人になっている)

就活をするにしても、インターン経験あるのが普通だったり、みんな何かを持っているように見えました。

 

私は結局外国語学部で何を学んだんだろう、このまま無思考で社会に出るより他にやりたいことがあるのではという疑問が湧いてきて、当時やっていたWEBサービスの開発に集中したいと思い、休学したのもあります。

 

 

休学して取り組んだことの一部

 

さいわいにして周りは良い人ばかりだったから、人より遅れてることもネタにしてもらったし、色々なことに取り組ませてもらいました。長い学生生活をぞんぶんに謳歌できたといえると思います。

 

体調が良くなってきて、好きなことをやっていると自己肯定感って上がってくるものですね。

 


でも意識たかそうに見えても心は地方から出てきた大学生だから、池袋のネカフェに篭って、ひたすら漫画を読みたくなるときもあるんすわ

CUTiE CUTiE CUTiE  それ、休刊になったファッション雑誌ね?

 

 

でも正直、体調のことがなければ就職していたかもしれないです。

 

 

 

体調不良の一因

PMS(月経前困難症)と生理痛がひどくて、月に1週間程度しか体調が万全の状態がなく、人によると思いますが、私はかなり重い部類でした。

 

「ピル飲んだらいいよ」と医学部の子に教えてもらって、休学中にはじめて産婦人科に行ってピルを処方してもらったら世界が変わったので、ここ1、2年は見違えるほどに体調が良くなりました。

 

私みたいな女の子はいると思うけど、情報がなくて産婦人科に行っていないケースも多いと思います。(だから広めたくてこれ書いたのもある)

もし、同じように悩んでいる人/パートナーにそういう症状がある人がいたら、すぐにピルを試すのをおすすめします。体質的にピルが合わなくても、ホルモン剤なども治療の選択肢のひとつです。

 

 

これから

残りの単位は集中講義で取り切って卒業できる予定です。

まだ万全の状態ではないけれども、こんな私の周りにいてくれる人に感謝しながら、しっかり体調を治して一人前に働けるようにがんばっていこうと思います。

 

人より遅れている人生かもしれないけど、周りを見ていたら精神を病んで休職した人、数ヶ月で会社を辞めて地元に帰った人、内定辞退して会計士を目指している人、結婚してSNSに写真をいっぱいあげた後に離婚した人、フリーランスやりながらゲストハウスで生活している人、色々な人がいます。

 

何がその人にとって幸せ?安定した人生?

 


好きな音楽 EXID

尊敬する人間 あいみょん(ようするに流行りものが好き)

なんつってる間に、卒業っすよ(笑) あ〜あ、大学楽しかったね、ほんと

 

 

あとがき

外語の後輩にこんなことをいわれたので追加。

 

「この学部にいると、学部一年生をずっとやっているような感覚に襲われるというか、なんかそんな不安をずっと感じていたので 『ここの学部にいる人がどうやって自分の武器を身につけたのか』を知ることができるととても助かります」

 

 

国語学部の学生はキャンパスの立地もさながら、世の中の変化に気づかずにいて、そのまま就職活動をして卒業する場合も多いと思います。

外務専門職とかになるのでなければ、社会に出て直結する専門性もそこまで身につかないし、周りは県庁や教員など資格を取っている人も多かったです。

 

でも、今でもつながりのある外語の後輩を見ていると、色々学外で活動して、進路を早いうちから模索している人も増えてきたんじゃないかなと感じています。

 

私は言語学から自然言語処理に興味が移り、卒論はそれで書いたんですが、学部の先生からそもそも手法を認めてもらえなかったという経験があって、箕面キャンパスから遠のき、豊中で基礎工学部の授業を取っていたりしていました。

 

だから、外語にかんしては良い思い出もある反面、まず統計の授業とかも開講してくれよ、など色々思うところはあったりします。

 

私の経験が参考になるかはわかりませんが、好きなことを追求した結果が仕事に結びつくケースもあります。私は今までの成果物からつながったアルバイトをしていて、卒業後もそこでの仕事を続けるつもりです。

 

 

【読書メモ】山崎豊子『女系家族』

※ネタバレ注意

 

 

大阪の伝統的商家の話だった。自分のルーツが大阪のそういう家なので、親戚の集まりの雰囲気など少しわかるものがあった。山崎豊子はたしかに大阪を舞台にした作品書いてたけど、彼女の出生が船場なのは知らなかった。大阪は「私にとって私の血液そのもの」とまで語っていたことに驚いた。

 

しかし、その船場の伝統的商家の代々続く女系(にょけい)家族の解体がクライマックスで提示される。

 

四代を重ねた 女系家族に終焉を告げ、男系家族の 楔を打ち込むような 凄じい響きが聞えて来るようであった(446貢)。

 

本作後、山崎豊子さんの小説自体も、大阪船場から離れ『白い巨塔』など社会派ーー男社会を描いたものにシフトしていく。

 

ジェンダー論には女性性のまがまがしさの観点が欠落している」っていってた人がいて、そのときは主観的な意見だなあと思ったけど

山崎豊子が本書で示した強いメッセージ「女系家族を解体せよ」、そして女性たちの執念の深さの描写を見ていると一理あるのかもしれないなあ、なんて関係なさそうなことを考えたりした。

 

 

まあ、本作後の『華麗なる一族』は所謂男系家族の物語といっても良いけど、華麗なる一族の男系家族も結末で崩壊することになるが……。

 

そして、あの終わり方だと三女の雛子ちゃんが男系家族に嫁ぐことになりそうだけど、それはそれで大変そう。

 

 

女系家族は2005年、華麗なる一族は2007年にドラマ化されている。現代だとどう受け入れられるか気になる。