外向きのブログ

技術書典用 下書きの下書き

技術書典に書くやつをブログで少しづつ書き溜める。(間に合わなそうなので)

 

まず、情報系に行こうと思うまでの経緯に関連することを振り返るために2018年のカレンダーを見てみる。

  • 1月22日 教務卒論提出締め切り(の1週間後に提出)

  • 2月6日 口頭試問(闇)

  • 2月17〜21日 卒業旅行(闇)

  • 3月2日 NAIST見学(ここで情報系にする選択肢が出る)

  • 3月13日 言語処理学会@岡山からの、難波で広研お好み焼

  • 3月19日 東大見学

  • 3月20日 東工大見学

  • 4月5日 東北大見学

  • 4月24日 阪大AIメディカル研究会新歓

    情報系に行くことにしたけど周りにコミュニティがないので、Facebookの外国語学部全員集合ページで「せっかく阪大にいるならITに強くなろう!」とかいう胡散臭い宣伝文句を見つけたので、新歓参加

 

〜〜

しばらくAIMS行ったり、病んで授業出なかったり、東京行ったり、色々

 

  • 8月20日大受ける

  • 8月31〜9月5日 IOIボランティア行く

この期間で色々な人にアドバイスもらう。データ構造とアルゴリズムを学ぶには競プロが良いらしいと聞く。

 

  • 10月1日〜 基礎工情科、シス科、般教の機械学習の授業にで始める。

  • 11月21日 ジムに行きはじめる。

  • 11月27日 阪大情科の先生に研究室の相談からの、阪大競プロer飲み会(少数でお話聞くつもりが気づいたらなんか増えてた)

  • 11月30日 はにーまさんに会って中間テスト教えてもらう

ここら辺からやっと卒論の病みが回復してきて、AIMSを楽しんだり、Twitterで情報系の人フォローしたりするようになる。阪大で新しい(謎の)コミュニティができる。

 

  • 12月25日 阪大研究室見学

  • 12月26日 退去

  • 12月27日 わっふーたちと(謎の)飲み会

が、体調不良など勉強に専念できる環境、下宿の契約云々で年末に家を引き払い、実家に帰る。東京に新しい居場所を求めることになる。(続く)

 

 

 

 

しかし、我ながら謎ムーブすぎる。。。技術書典の本では省略するところもあるかも。。。

とりあえず、色々な人にお世話になりましたという。